5年間のカリフォルニア暮らしで蓄積されたシミを、ハイドロキノンで治していくつもりです!

2015-02-04_072050

5年近くカリフォルニアに住んでいる間に、顔中にシミができてしまいました。
渡米前こそ日傘をさして日焼け止めを塗って、と頑張っていましたが、渡米後は何もしなくなってしまって。日傘なんてさしている人はいませんでしたし。
あちらに住んでいたときはシミなんて気にしていませんでした。でも日本に帰ってびっくり。みんな肌が白くて、シミ一つなくツルツルなんですね。それに比べて自分の顔のひどさといったら。
娘にも「ママの顔ちょっとブツブツ多すぎ」と指摘されてしまいました。
高価な化粧品を買って直そうかと思いましたが、塗っても塗っても効果は感じられません。
もうこれはレーザーでも当てるしかないかな、と思いましたが、夫がゴーサインを出してくれませんでした。やはり彼にとっては、「レーザー=整形と一緒」という概念があったみたいですね。
結局薬で治すならまだ許せるということだったので、美容皮膚科でハイドロキノンを処方してもらいました。
まだ塗り始めて1ヶ月ほどです。私の顔にはすでに7.8個大きなシミがあるのですが一気に治すことはできないので、まずは目立たない場所の2個に塗ってみることに。
1ヶ月薬を塗り続けたところ、そのシミ2個はすっかりと綺麗に消えましたよ!
残りの6個、これから夏にかけて消していくつもりです!

トレチノインとハイドロキノンでシミを激減。美白効果もついてくる

年を取るとシミや小じわができると聞いていましたが、本当に年を取るとシミが増えてきました。顔にシミは鏡を見るたびに気になります。一度ついたら簡単には消えないようです。日焼けをしないようにしっかり基礎化粧をしたりホワイトニングを利用する必要があります。

できてしまったシミを取るために、トレチノインとハイドロキシン両方をすると少しずつシミが薄くなってきます。トレチノインには皮膚のターンオーバーを早めメラニン色素を排出効果があると言われています。また、ハイドロキノンにはメラニン抑制効果があるとのこと。

皮膚科でもすすめていただけるものとして利用できます。
紫外線が強くなる6月からはクリームを利用するのと同じくらい、日焼け止めも利用ししっかりケアしていく必要があります。せっかくシミを取ろうしているのにこれをしなくては変わりはしないでしょう。肌が弱いとピリピリしますが、聞いている証拠です。

すぐに目に見える効果は2本目使ったくらいからわかる人が多いようです。じっくり焦らず続けてい行くことが良いと思います。ただ、あまりの赤みや痛いがひどい場合は皮膚科に受診する必要があると思いますので注意しましょう。
使い方は朝と夜の洗顔後につけるだけです。いつもの肌ケアといっしょですから面倒なことはありません。